2016年 04月 21日

四海安穏祈願法要

フェイスブックに海龍王寺さんの四海安穏祈願法要の予定がアップされて、何年か前の動画が貼ってありました。
それを見て、すごく撮りたくなったんです。
ですけど、法要です。
その上本堂で。
ダメだろうな。新聞社の人間じゃないし。
でも!聞かなかったら後悔する!!と思い、海龍王寺住職の石川重元さんに直接お願いしました。
重元さんは「では腕章をお渡ししましょう。」と許可してくださったのです!

嬉しくて、でも浮かれてもおられない。
どのレンズで?どの角度から??どの程度動いていいのだろう??
分からないことだらけでしたが、第一に法要の邪魔にならないことを心がけ、第二に、記録として残せるようにと思いました。

法要は厳かで、この辺を私の言葉でお話すると安っぽく聞こえてしまいます。
フェイスブックで参加された方の文章を読んでいると、自分の語彙の無さや稚拙さが恥ずかしくなりました。
こちらに重元さんの法要についてのお話が載っています。
是非お読みください。
https://www.facebook.com/kairyuouji/posts/1034599143283225

私は美しさを撮りたかったんです。
本堂に光が射し込み、4名の僧侶が逆光で照らされ、ひとつひとつの所作がうっとりとするほど優雅でした。
しかし私は動いたらご迷惑になると思い、望遠レンズで同じ場所から撮ることしかできませんでした。
もっと動いて良かったのだろうか?
法要の妨げにならなかった自信はあるけれど、これは私しか撮れないものだったのだろうか?
普段の1/5ほどの枚数しか撮れなかった。

今日、撮った写真とデータを重元さんにお届けして、少しお話させていただきました。
今まで大学の教授や師事した写真家の方にたくさんのご意見をいただいて参りましたが、正直大学院を卒業してから今までで一番刺さったご意見でした。
まだお写真をお渡しする前でしたが、私の迷いや動けなかった理由もご存知でしたし、これから私が私らしく私しか撮れない法要の撮影をするにあたり、どこを見つめて行けばいいかも的確にアドバイスしてくださいました。
ちょっと、感動して、涙目になりました。

「どうですか?来年はそのあたりをじっくり撮ってみては?」とおっしゃっていただき、もう駐車場ですぐに2017年4月18日の予定を書き込みました。
「他のお寺の法要を見るのも勉強になりますよ。」と背中を押してくださいました。

何て素晴らしい機会をいただいたのだろう。
感謝しかないです。

法要のお写真をご覧ください。
d0170447_14352883.jpg

d0170447_14354756.jpg

d0170447_14355939.jpg

d0170447_14361028.jpg

d0170447_14363184.jpg


テーマをいただいたのです。
邁進するのみです。
重元さん、今日は本当にありがとうございました。
[PR]

by go-go-soramame | 2016-04-21 14:46 | 出張撮影 | Comments(0)


<< 文殊会      尊きもの。 >>